電子ブックリーダー 分類・整理

各社から販売されている電子ブックリーダー。
その中から、自分が読みたい本が読める電子書籍リーダー探すのは、至難の業ですよね?
電子ブックリーダーは、大きく分けて以下のような分類ができます。

  1. 読書端末
    電子ブックリーダー専用機。
    主流はE Inkを採用した薄型・軽量・長時間利用可能な端末が人気です。
    読書専用端末であるため、ページ送りが片手でスムーズに出来たり、モノクロでありながら階調が替えられるなど、紙の書籍の読書感に近づける工夫がなされています。
  2.  スマートフォン
    電子書籍出版社は、各スマートフォン向け(iOS、Android)に電子書籍ビューワーアプリを提供しています。当然、無料ですので、ほぼすべての電子書籍を読む事が可能です。読書感は、専用端末には負けるものの、新たに端末を買う必要がないというのは大きなメリットです。
  3. 汎用タブレット端末
    スマートフォンだとさすがに画面が小さくて、自宅でのんびりと読書をするのにはしんどいですよね?
    汎用タブレット端末も同様に電子書籍 ビューワーアプリが出ているので、そちらを利用すれば、大きな画面で読む事が可能です。

それぞれ特徴があって悩んでしまいますし、時間もあまりない、という方は「1分でわかるオススメ電子ブックリーダー診断」で診断しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>